06 
MTG最新情報をお届けいたします

公式のMO構築戦の上位デッキリストが更新されたので、面白いものをご紹介いたします。



スタンダードMOで5-0を果たした、「青黒エルドラージ」のデッキリストはコチラ。

クリーチャー:18
3:《歩行バリスタ》AER
4:《屑鉄場のたかり屋》KLD
4:《作り変えるもの》OGW
4:《難題の予見者》OGW
3:《現実を砕くもの》OGW

呪文:18
4:《闇の掌握》OGW
4:《致命的な一押し》AER
4:《精神背信》BFZ
3:《バラルの巧技》AER
3:《耕作者の荷馬車》KLD

土地:24
5:《沼》KLD
4:《オラン=リーフの廃墟》OGW
4:《窪み渓谷》BFZ
3:《海門の残骸》OGW
4:《産業の塔》AER
4:《霊気拠点》KLD

サイドボード:15
2:《膨らんだ意識曲げ》EMN
2:《ゲトの裏切り者、カリタス》OGW
2:《否認》AER
3:《不許可》AER
1:《失われた遺産》KLD
3:《ヤヘンニの巧技》AER
1:《霊気圏の収集艇》AER
1:《領事の旗艦、スカイソブリン》KLD
 
マナコストと色のバランスはこちら。

05



まずはメインボードの特徴から。

jp_mLJOCRnTbQ4b6b4d73JP_O2LJYfrbw8

優秀な能力をもった無色のクリーチャー達を展開してきます。
たかり屋も作り変えるものも、玉砕上等で殴りに行けるのがいいですね!


jp_oaQIlbG3cCgrasp_of_darkness1b691436

ビートをサポートする呪文は、軽量除去やハンデスが採用されていますね。
精神背信はマルドゥ機体などには外れも多そうですが果たして?

バリスタ、難題、掌握、背信、一押し(紛争)など、サヒーリコンボ許さんカードがむちゃくちゃ入ってますw


0000000085382OGW007-184AER_029

中盤からは定番のエルドラージを展開していきます。
安全確認となかなかのサイズな難題の予見者や、除去されにくく奇襲性の高い現実を砕くものがガッツリ採用されていますね。

メインから3枚入ったバラルの巧技は難題の予見者と組ませたり、ブロッカーをどけて一気に攻め込んだりと、最後の一押しに良さそうです。


jp_CbX6Q2qeT326f5cb475695e12d4419e6e20981d042c2d1115ab9efa661eeb6a18b04cfe343

土地はデッキの必要色マナが少ないので、有効な能力を持った無色土地も採用されています。
オランリーフの廃墟はどのクリーチャーにも対応しているので4枚入っていますね。


続いてサイドボードです。

jp_EX31jVwZmaEMN003-205jp_qfw1kIobkR

追加のクリーチャーや打ち消し呪文などが入っていますね。
サイド後は黒青の色的に、除去や打ち消しで柔軟に対応できそうです。


以上いかがでしたでしょうか。
PWや真意号などお高いカードが飛び交う昨今、リーズナブルでいいんじゃないでしょうか。
(バリスタと難題がちょいとお高いですが)


マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] [アモンケット][精神vs物理] 予約開始!