18

 こんにちは、ユキです。
 今回は赤の二回目です。
 テーマとしては「アーティファクト破壊」とします。
 スタンダードでは対策しない時もあるアーティファクトやエンチャント。EDHでは放置すれば負け必至のものやコンボパーツのアーティファクトやエンチャントがそこいらにあります。加えて、全ての色が使える加速手段としてマナアーティファクトが普通にありますので、アーティファクト破壊は対象に困らない場合がほとんどです。むしろ色が合うなら入れましょう。


〈汚損破/Vandalblast〉〈破壊放題/Shattering Spree〉
33


 破壊放題は再録がなく、モダンやエターナル環境で普通に使われますので入手難度がやや高めです。
 超過や複製、キッカーやサイクリング誘発能力などは、コストの量で効果の大小を調節出来、ゲームの展開に応じて使い分けが出来るいつ引いても使えるコストのカードです。その中でもこの2枚は元のコストも増えたコストも十分良いパフォーマンスの上対象に困りません。
 超過と複製はイメージは分かりやすいのですが、ルールは少し難しくテクニックも必要です。
 汚損破は「あなたがコントロールしていない」ものを効果範囲にしているのでそのまま唱えた時は対象を変更されてもあなたのものは対象になりません。一方、呪文のコントロール自体を奪われた際は超過時を含めあなたのものも効果範囲に入ります。またチーム戦の際は超過で打つとチームメイトは効果範囲に入ります。
 破壊放題は複製した時コピーを作るのでひとつ打ち消されても残ります。そのため打ち消されそうな時はいくつかコピーして対象をひとつに集中させる事が出来ます。


〈壊し屋グレムリン/Ruinous Gremlin〉
41


 赤を中心として時折ある〈粉砕/Shatter〉内蔵型クリーチャー。
 コモンですし現在スタンダードで使えるエキスパンションですので入手は簡単です。他に入手が簡単なものは〈松明の悪鬼/Torch Fiend〉〈無謀な歓楽者/Reckless Reveler〉などがあります。
 対象に困らないので〈躁の蛮人/Manic Vandal〉などのCIP型の方が余計なコストが無いのですが、最悪自分のものを壊す可能性もありますし、こちらの方が小型で取り回しが楽なシーンもありますので十分に検討になります。


 皆さんはEDHをはじめとするカジュアルフォーマットをプレイした事がありますか?
 EDHは標準プレイ人数が4人位に設定され、記事などでもそう書かれる事が多くありますが、正直ゲーム中の「待ち時間」と「盤面の複雑さ」が多くなるので3人が個人的には良いと思います。
 ちなみに私は6人で魔王戦かつプレインチェイスをスタンデッキでした事がありますが、とてもグダグダして疲れた思い出があります。
 待ち時間を短縮するために「○○してターン終了ですので先進んで下さい」があるのですが、出来るのは序盤のみで、インスタントを構えたり自ターン直前にフェッチを切ったり、独楽を毎回回してみたりと中々スマートには進みません。
 盤面の複雑さも、良く分からないカードがバンバン出る上、常在型能力や誘発型能力が入り乱れて大変な事も多くあります。
 そこが醍醐味でもあるので否定は出来ませんが、お互いに気遣えるデッキ構築やプレイはないものでしょうか。
 皆さんは複雑化した盤面で、見落としがあって負けた事はありますか?



マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] [アモンケット][精神vs物理] 予約開始!