54
MTG最新情報をお届けいたします

公式のMO構築戦の上位デッキリストが更新されたので、面白いものをご紹介いたします。



スタンダードMOで5-0を果たした、「黒緑ビートダウン」のデッキリストはコチラ。

クリーチャー:21
3 《光袖会の収集者》
4 《牙長獣の仔》
3 《ピーマの改革派、リシュカー》
4 《新緑の機械巨人》
3 《歩行バリスタ》
4 《巻きつき蛇》


呪文:17
4 《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》
3 《霊気との調和》
3 《顕在的防御》
2 《致命的な一押し》
3 《闇の掌握》
2 《霊気圏の収集艇》

土地:22
2 《霊気拠点》
4 《花盛りの湿地》
7 《森》
4 《風切る泥沼》
5 《沼》

サイドボード:15
1 《霊気圏の収集艇》
2 《致命的な一押し》

2 《ゲトの裏切り者、カリタス》
1 《生命の力、ニッサ》
1 《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》
1 《破滅の道》
3 《不屈の追跡者》
4 《精神背信》
 
マナコストと色のバランスはこちら。

40


まずはメインボードの特徴から。

20160916_373eee20160907_6c9a4f20170124212921

序盤はマナを整えたり、牙長獣の仔で戦線を固めていきます。
巻きつき蛇はこのデッキの爆発力を上げる重要なカードなので、早めに置くか守れるように置くかが戦況の鍵となりそうですね。


jp_ssskzpLZDl1jp_mLJOCRnTbQ

中盤からはリシュカーでマナクリを量産したり、ニッサで強化していきます。
蛇がある状態での歩行バリスタはアホみたいな速度で弾を装填できるので、シナジーを維持できるよう運用していきます。


48e4209ed1bb678a48b75da9b92bcc1cWS205156jp_9bUw2AwvoQ

マナが整った終盤では蛇&緑機械巨人が一気に自軍を強化してくれます。
カウンターとはシナジーがありませんが、ドローやライフゲインができる光袖会の収集者や収集艇が採用されていますね。


h340jp_oaQIlbG3cCgrasp_of_darkness

全体的に飛行に弱いこのデッキでは、除去を致命的な一押しや闇の掌握、もしくはバリスタ砲で補っています。
ニッサはマイナス能力で使い捨てるくらいの運用なのでしょうか。


続いてサイドボードです。

91b691436108642_201603262154575698_1

追加の除去やニッサやオブなどのPW、カリタスや追跡者などの戦力も用意してありますね。
コンボやコントロール相手に嫌がらせをする、精神配信もしっかり採用されています。


以上いかがでしたでしょうか。
MOのリストは早くも黒緑かサヒーリな雰囲気でした。
今後はもっと色々なデッキが出てきそうですね。

マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW]「霊気紛争」発売中!