99
統率者戦始めてみませんか!!

ついに単色強化期間も緑だけとなりました。
そもそも緑だけヤル気なかったんですけど、Green Crazy Monsters(緑単色愛好者会)の圧力があったので記事を書きます。許さんぞあのハイドラ好き共め…いえいえこっちのお話です。フィッシュアンドチップス美味しいデブ。

緑は何を言ってもランプが得意です。
構築ではランプカードだけが手札にダブつき…ってパターンが往々にしてありますが、EDHはその特性上、ジェネラルがいますから余ったマナが無駄になりません。また緑のXスペルはどれもゲームを決めるだけの力を持っていて
また、緑はクリーチャーの質がダンチに優れてます。その分重かったりするんですが、それもランプのおかげで解決しています。
さらに、置物破壊はアーティファクトとエンチャントを問わずとやりたい放題なカラーです。

弱点はクリーチャー除去をほぼ有しておらず、その点は非常に不利と言えます。無色の万能除去が重たいのがネックですが、その点緑はマナ加速で補うのでなんとかなることが多いと言えます。
あとこれはプレイヤーの考え方によるところが大きいですが、《ガイア揺籃の地/Gaia's Cradle》がほぼ必須と言える点がヤヴァイです。

オススメ
・マナクリーチャー
ztoka17020
緑には大量にマナクリーチャーがいます。
1マナのマナクリーチャーはどれも優秀なのでオススメですが、単色なら《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、《Fyndhorn Elves》、《エルフの神秘家/Elvish Mystic》がオススメでしょうか。この三枚は名前以外は全て同じスペックです(能力、P/T、クリーチャータイプがいずれも一緒)。

・マナ加速
126616jat
前述したマナクリもそうですが、土地を伸ばせるランパン系のカードが多い事が緑の強力なところです。
そしてランパン系で一番高いカード《三顧の礼/Three Visits》ですら2000円くらいとマナファクトを揃えることに比べたら安いのも評価できる点です。
ほとんどが安価なので、あえてオススメを言うとすれば、《スカイシュラウドの要求/Skyshroud Claim》でしょうか。森しか持ってこれない4マナのランパンですが、2枚もアンタップインさせます。多色でもデュアルランドを引っ張ってきたりと非常に強力です。ただし、アンタップインするといっても土地の効果や、その他の効果でタップインする場合はそっちが優先されるので注意してください。
また、《桜族の長老/Sakura-Tribal Elder》はブロッカー兼ランパン要員と非常に良い働きをしてくれますのでこちらもオススメです。

・クリーチャー
image
強力なCIpを持っていたり、そもそもが強力なクリーチャーが目白押しと言えます。例えば、フィニッシャーといえば、単体でフィニッシャーになれるシスコンのカマールことハゲ(《クローサの拳、カマール/Kamahl、Fistof Krosa》)や、マナクリを強化して一撃必殺を生み出す乙事主(《州民を滅ぼすもの/Decimator of the Provinces》)や《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》(悪口が思いつかなかった)がいます。
クリーチャーには触れないですけど、パーマネント破壊も超得意。《酸のスライム/Acidic Slime》は5マナ2/2ですが、クリーチャーとプレインズウォーカー以外のパーマネントをぶち壊しますし、《カビのシャンブラー/Mold Shambler》はキッカーでクリーチャー以外のパーマネントを叩き割り、おxxxこと《進歩の災い/Bane of Progress》は築き挙げた文明社会を崩壊させてしまいます。
また何故か墓地のカードを回収するのも得意で、《永遠の証人/Eternal Witness》を始めとする墓地回収カードはどれも非常に強力です。

・ドロー
image
緑は緑使いの友人曰く、「ガバガバドロー」の色。決められた枚数引く青と違い、お前いくらなんでもそんだけ引いたら勝つやろ!!ってくらいドローします。強力なのは《巫師の天啓/Shamanic Revelation》ですか。あと厳密にはドローではありませんが、《起源の波/Genesiss Wave》はマナを注ぎ込んで撃てば大体ゲームエンドになるXスペルです。

・オススメジェネラル
《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos,World Eater》
e2d0f69a
伝説のハイドラ。4マナ5/5というマナレシオで回避能力は持っていませんが、怪物化で自身のP/Tを上げた上に格闘によく似たクリーチャー除去を行えます。少し効率は悪いですがクリーチャー除去が苦手な緑では珍しい能力を持っています。

《野性の心、セルヴァラ/Selvala,Heart of the Wilds》
o0265037013727646970
歯車の代わりに野生動物を動力にした機械ができて心底おこなエルフのお姉さん。
火種?に緑マナがかかるとはいえ、タップで一番パワーの高いクリーチャー分、マナが出るという能力を持っています。エルフというのが評価の対象で、案外クリーチャーをアンタップする方法が多く、色々なルートで大量マナに到達できる緑単コンボEDHのホープです。

《神河の歴史、暦記/Reki,the History of Kamigawa》
74604_jp
エセ耳無し法一。伝説の呪文にキャントリップを付与するクリーチャー。やることはこじんまりとしていますが、緑の伝説のクリーチャーはマナレシオが優秀なものが多く、クリーチャーで殴るという一番ストレートな戦いができます。

・オススメカード
《内にいる獣/Beast Within》
91100_201104262243271487_1
内なる獣を解き放て! 緑が誇る万能除去。
パーマネントだったらなんでも3/3のビーストにすることができます。これは苦手なクリーチャーを殺せるという点が良いです。

《ドライアドの歌/Song of the Dryads》
95464_201411010909516247_1
ではジェネラルを無効化するのは? といえばこれですね。《月への封印/Imprisoned in the Moon》の元になったカードで、パーマネントを森に変えてしまうこのカードは万能除去としても使えますし、ジェネラルを再キャストし辛くする燻し銀な奴です。

《失われた業の巫師/Shaman of Forgotten Ways》
394688_jp
禁止されている《生命の律動/Biorhythm》を内蔵したクリーチャー。獰猛未達成でも《獣呼びの学者/Beastcaller Savant》と《ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage》の中間スペックを持った生物用マナクリーチャーです。
統率者はクリーチャーをバカスカ並べるように組まなければノンクリーチャーなどもざらであり、自分だけが得できるという状況で打てば勝てます。(そりゃあ禁止だもんな)

・主要コンボ
《ティムールの剣歯虎/Temur Sabertooth》+《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Simbiote》+1マナのエルフ+タップで5マナ以上出るクリーチャー
391942_jpdbcbc18899
セイバートゥースコンボ。かつては《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》で行われていたことが、《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》でサーチ可能な剣歯虎を手に入れたことで生み出されたコンボ。
工芸品はコンボパーツにしかなりませんが剣歯虎は破壊耐性を持っていて殴れます。あと、初見だとコンボパーツに見えないというのもあります。

《天光を求める者/Seeker of Skybreak》+《ブライトハースの指輪/Rings Brighthealth》+3マナ以上でるクリーチャーor《幻術師の小手/Illusionist's Bracers》+クリーチャー
c99f25e728398511_201507180027355742_1無限アンタップができるスカイブレイクコンボ。アンタップするクリーチャーのマナが指輪の起動コストを上回っていれば無限マナというバザルトハースコンボの派生系と言えます。

《大地の知識/Earthcraft》+《リスの巣/Squirre Nest》+《森/Forest》
ztoka1254831836
リスクラフト。リスの巣をつけた森を出したリスでアンタップし、《無限のリス製/Unlimited Squirre Works》となるコンボ。身体はどんぐりで出来ている。
残念ながらトークンはタップ状態なので一気に攻撃はできません。無色の投げるカードでターンを返さずに殺しましょう。

とこんなところで緑特集は終わりです。
今回で単色記事終わりましたので、次回は何を書こうか決めかねてますが次回もよろしくお願いします!
ではレッツ!! EDH!! 次回もお楽しみに!!



マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW]「霊気紛争」予約開始!