18

 こんにちは、ユキです。
「Kaladesh Inventions」に収録される全カードが公開されましたね。
なかなか手に入りにくいカードであったり、コレクション欲を掻き立てたり、単純なレア度で嬉しかったりと、良い事も多い反面、チョイスが微妙だったり、明らかに高額カードばかりだった際は……とカードパワー難しさ、再録の難しさを思います。
私含めて多くの方は単純に、パックからは何が出ても嬉しいとは思いますが。
個人的には機体カードなども含めて、カード枠の変化は未だ戸惑います。基本セットがなくなった今、毎回欠色枠、両面カード、ドラフト枠、機体枠など新しい枠はこんがらがるのではとも思います。公式コラムを見る限り枠に少しの変化を入れて分かりやすくするデザインは積極的に採用してゆくらしいのですが、個人的には微妙です。特に両面カードは使いにくさを結構感じます。

19


 それでは入りましょう。
 今回は白です。色は基本的に単色で、固有色が複数あるカードは多色で紹介する予定です。

〈解呪/Disenchant〉
31


 スタンダードではあまり重要視されないアーティファクト・エンチャント破壊ですが、EDHでは一定数入れるのが定石です。それらひとつでゲームが決まってしまう事も多い上、マナアーティファクトで加速する事が多いので完全に腐る事が少ないためです。
 かつては定番の一枚でしたが、〈帰化/Naturalize〉の登場でめっきり見なくなりました。コンスピラシー:王位争奪で再録されたのはありがたいです。新枠での登場もコールドスナップのテーマデッキ以降なかったので地味に新枠の解呪は珍しいです。
 個人的な問題点は、イラストです。なぜ、どうして、なにゆえメルカディアン・マスクスのものにしてしまったのか……。


〈神の怒り/Wrath of God〉〈審判の日/Day of Judgment〉
39

 全体に影響のあるカードは1対1の時よりも大きい効果をもたらす時が多いので一考です。
 全体除去が強いのはEDHでも同じで4マナのこの2枚は少々古いですが、再録が多く、他のフォーマットでの需要が少ないのでぜひ入手したいカードです。
 白いカードは全般的に器用貧乏なカードが多く、EDHではそれが悪い意味でより顕在化しがちです。一方サポート系や脇を固めるカードは良いものが多いので、白絡みのジェネラルを選ぶ方は、サポートカラーとして白い呪文をチョイスする事をお勧めします。



マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] 統率者2016、予約開始!

[予約] デュエルデッキ:ニッサvsオブニクシリス
駿河屋:日本語版
駿河屋:英語版