54
リミテッドについて語っていこうと思います。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1226284116079765"
data-ad-slot="1944833938"
data-ad-format="auto">



チームを組んでなさそうな人に声を掛けようとしたら二次募集も終わってしまったのでどうしようか悩んでいるTALです、こんにちは。京都旅行にはいきますけどね・・・




前回カードプールを公開して、チームシールドのデッキ構築をみなさんに募集しましたが、たくさんのメールを頂きました!ありがとうございました!


ということで、皆様のデッキを紹介したいと思います。

結構雑な編集ですが、基本コピペなので、そこはご了承を・・・



セルティさん

緑白人間昂揚赤緑狼男タッチ吸血鬼ナヒリ青黒ゾンビ現出

スレイベンの検査官
スレイベンの軍旗手
小村の隊長
シガルダ教の僧侶 x2
単体騎手
鉄覆いの処刑者 x2
罪からの解放者
荒原のカカシ
辺境林の生存者 x2
近野の司祭
優雅な鷺の勇者
揺るぎない信仰
信仰持ちの聖騎士
支配の天使
消えゆく光ブルーナ

テラリオン
狙いは高く
信条の香炉
天使の粛清 x2
絞首束縛

平地 x11
森 x6
計41枚
ファルケンラスの過食者
大胆な刺突者
熱錬金術師
怒り刃の吸血鬼
ウルヴェンワルドに囚われしもの x2
既決殺人犯
猛々しい狼
鬱後家蜘蛛
銀毛の援護者
絡み爪の人狼
孤独な狩人
ヴォルダーレンの決闘者
ウィルディン群れの除けもの

先駆ける者、ナヒリ

流電砲撃 x2
狂気の一噛み
月夜の狩り
騎乗追撃
癇しゃく
集団的抵抗
直接射撃
謎の石の断片

山 x8
森 x6
平地 x2
計40枚 

鎖鳴らし
ぼろぼろの憑依者
グール呼びの共犯者
歓喜する信者 x2
無謀な識者
招かれざる霊
ネベルガストの伝令
縫合の刻み獣
巧妙なスカーブ
歯牙収集家
スレイベンの異血種
憑依された死体
腐敗心のグール
ギザとゲラルク
ゲラルフの傑作
不憫なグリフ
老いたる深海鬼

非実体化
魂分離器
引きずり込み
絞首
生命の危機 x2

島 x10
沼 x7
計41枚

《なにか一言》
いろいろなデッキが考えられそうでとても良いプールだと思います。(裏を返せば飛び抜けて強いのもない笑)
「赤白除去ビートと赤黒マッドネスと青緑現出」「青緑現出と赤黒マッドネスナヒリと緑白タッチ黒昂揚なんかもセットで組めそうです
時折土地17枚でデッキを41枚にしているのは好みです笑



チームK.D.G.M.C.(仮)さん
 
赤緑白人間赤緑狼男青黒ゾンビ
スレイベンの検査官
小村の隊長
シガルタ教の僧侶
巡礼者の守護霊
単体騎手
血茨
枝細工の魔女 
捨て身の歩哨 ×2
罪からの解放者
豪胆な補給兵
近野の司祭
鼓舞する隊長
優雅な鷺の勇者
支配の天使
消えゆく光、ブルーナ

信条の香炉
騎乗追撃
集団的努力
天使の粛清
恩寵借用
直接射撃
絞首束縛

平地 ×9
山 ×3
森 ×5
計40枚 
ファルケンラスの過食者
傲慢な新生児
ウルヴェンワルドに囚われしもの ×2
怒り刃の吸血鬼
ファルケンラスの肉裂き
鬱後家蜘蛛
銀毛の援護者
猛々しい狼
既決殺人犯
絡み爪の人狼
孤独な狩人
ヴォルダーレンの決闘者
火の猟犬
ヴィルディン群れの除けもの

敵意借用
満ちゆく月 ×2
狙いは高く
集団的抵抗
悪戯
血の霧 ×2

山 ×9
森 ×8
計40枚 
グール呼びの共犯者
オリヴィアの竜騎兵
ぼろぼろの憑依者
霧歩き
スレイベンの異血種
巧妙なスカーブ
無謀な識者
縫合の刻み獣
白髪交じりの釣り人
憑依された死体
ガヴォニーの不浄なるもの
悟った狂人
ギサとゲラルフ
夜深の死体あさり
ゲラルフの傑作
不憫なグリフ
老いたる深海鬼

墓の収穫
墓地からの徴用
引きずり込み
絞首
生命の危機 ×2

島×9
沼×8
計40枚 

《なにか一言》
赤は低いレアリティにボムカードが多分に含まれており、白は総じてコモンが強いこともあり、今回は高レアリティボムを詰め込んだ白単タッチ赤緑と低レアリティのかみ合わせで瞬殺を狙う赤緑デッキを作ることにしました。
サイドボードはリストに書きたい順番で並んでいます。(編注:ちょっとデッキリストが長くなりすぎるのでカットさせてもらいました)
GP京都に向けて皆さん頑張っていきましょう。



③Joven河内さん
 
緑白人間青白スピリット黒赤吸血鬼

スレイベンの軍騎手 ×2
スレイベンの検査官
シガルダ教の僧侶 ×2
単体騎手
小村の隊長
捨て身の歩哨 ×2
優雅な鷺の勇者
罪からの解放者
悪鬼を縛る者
辺境の生存者 ×2
豪胆な補給兵
忌まわしい群れの存在

月光の外套
信条の香炉
狂気の一噛み
絞首束縛
恩寵借用
集団的努力
揺るぎない信仰

平地 ×10
森 ×7
計40枚 
鎖鳴らし
霜歩き
ぼろぼろの憑依者
歓喜する信者 ×2
巧妙なスカーブ
ネベルガストの伝令
招かねざる霊
ドラグスコルの盾仲間 ×2
縫合の刻み獣
審問官の雄牛
薬剤師の霊
支配の天使
消えゆく光ブルーナ
不憫なグリフ
老いたる深海鬼

本質の変転
非実体化
信者の杖
冷たい鷲づかみ
引きづりこみ
双変異

島 ×10
平地 ×7
計40枚 
吸血鬼の殺し屋
高慢な新生児
ファルケンラスの過食者
大胆な刺突者
ファルケンラスの肉裂き
怒りの刃の吸血鬼
オリヴィアの竜騎兵
トロスタッドの死騎手
猛々しい狼
歯牙収集家
不気味な吸血鬼 ×2
ヴォルダーレンの決闘者
憑依された死者
ヴィルデン群れの除け者
夜深の死体漁り
薄暮の饗宴者

敵意借用
無差別な怒り
ステンシア仮面舞踏会
集団的抵抗
癇しゃく
謎の石の儀式

山 ×8
沼 ×8
計40枚 

《なにか一言》
さて、こんな感じで【緑白人間】、【青白スピリット】、【赤黒吸血鬼】というデッキを組みました。
ナヒリは、敵のデッキ次第で吸血鬼のサイドから安らぎと共に採用する予定です。緑白と青白が強すぎてナヒリを無視することになったんですが仲間内では非難轟々でした。
ただ自分を信じてこの3つのデッキを紹介しようと思います。 




ということで3組様から頂きました!ありがとうございます。

全然来ないかな?と思ったら、意外と来たんですけど、微妙な数でしたw 今度は個人向けでやってみようかな・・・



ということで、TALさんのデッキ構築です。



まずカードプールを眺めるため、カードを広く並べます。できたら色々なインスピレーションが湧くように、数多くのカードを並べます。

今回の環境の場合、コモンのカードパワーが微妙でシナジーに期待できるカードも少ないため、スペースが狭いなら、どんなデッキにでも入るレベルのコモンとアンコモン以上のカードを並べてもいいでしょう。


(カードを並べた画像を撮り忘れました・・・)



今回のカードプールを見て、ぱっと思いついたのが


・白が強い

・マルチカラーのカードが目立つ

・赤に必殺の《血の霧》が2枚もある


こんな感じですかね。とりあえず白は分割しても十分やっていけそうな感じだったので、強いんだけど、分割したら強くはなさそうな赤を軸に1つデッキを考えてみます。




メインとなる赤は、《血の霧》2枚+《ステンシア仮面舞踏会》と前向きな強化エンチャント+軽量除去と揃っているためアグロなデッキが組みたいところ。今回のカードプールでは、もう1色の候補となるのが、吸血鬼シナジーを有効活用できる黒か、トランプル持ちが多く《血の霧》と相性がいい緑。

緑だと4マナ域が強力ですが、その4マナ域だけで渋滞している感じもあったのと、3マナまでで打点の高いクリーチャーを出して4マナの《血の霧》でフタができる動きの方が強そうだったので、相方を黒にしてみます。

正直なところ、黒のカード群が全ての色の中で貧弱で、ここで使わないと別の色と合わせられる気がしなかったのもありますが。



残ったカードプールを眺めると、青にはごついボムレアが2種類(《ゲラルフの傑作》《老いたる深海鬼》)があり、この青をメインにしたデッキはひとつ作りたいところ。

この青をベースにした場合、主力にできるカードを並べると意外とスピリットが多く、他のスピリットに影響を与えるカード(《鎖鳴らし》《ネベルガストの伝令》)もあるので、それをうまく活用した白青がよさそうに思えました。現出のネタになる3マナ圏も多いですしね。



残りは残り物で組みましょうか。緑をベースに《優雅な鷺の勇者》なども有効活用したデッキを組もうとしたら緑白人間ですかね。多色化に無理が無ければ、余りそうな《先駆ける者、ナヒリ》とかもタッチしたいですね。



ということで完成したデッキは以下。 



 
大胆な刺突者
ファルケンラスの過食者
ファルケンラスの肉裂き
怒りの刃の吸血鬼
オリヴィアの竜騎兵
グール呼びの共犯者
トロスタッドの死騎手
猛々しい狼
スレイベンの異血種
歯牙収集家
強欲な過食者
ヴォルダーレンの決闘者
血の間の僧侶
夜深の死体漁り
ヴィルデン群れの除けもの
薄暮の饗宴者

敵意借用
流電砲撃 x2
ステンシア仮面舞踏会
癇しゃく
集団的抵抗
血の霧 x2

山 ×9
沼 ×7
計40枚 
鎖鳴らし
ぼろぼろの憑依者
霜歩き
単体騎手
白髪交じりの釣り人
無謀な識者
ネベルガストの伝令
捨て身の歩哨 x2
罪からの解放者
近野の司祭
ゲラルフの傑作
信仰持ちの聖騎士
不憫なグリフ
老いたる深海鬼

突発的変化
信者の杖
非実体化
引きずり込み
冷たいわしづかみ
天使の粛清 x2
集団的努力

平地 ×8
島 ×9
計40枚 
スレイベンの検査官
節くれ木のドライアド
シガルダ教の僧侶 x2
ウルヴェンワルドに囚われしもの x2
荒原のカカシ
銀毛の援護者
鉄覆いの処刑者
孤独な狩人
辺境林の生存者 x2
優雅な鷺の勇者
支配の天使
消えゆく光、ブルーナ

テラリオン
信条の香炉
狂気の一咬み
分かれ道
謎の石の断片
直接射撃
絞首束縛
先駆ける者、ナヒリ
揺るぎない信仰

森 ×8
平地 ×7
山 x1
計40枚 

IMG_0284

IMG_0283

IMG_0281
(撮影時、Foilのナヒリは普通のものに変えました。もったいないからw)
 

敢えて、デッキ名をつけていませんがつけるとすれば、「赤黒ビートダウン」「白青現出」「緑白赤グッドスタッフミッドレンジ」・・・といったところでしょうか。



赤黒は吸血鬼シナジーやマッドネスシナジーに依存するカードが多くあるわけではないので、頭でっかちの前向きな形にしました。テンパイ系のビートダウンなので土地は絞っています。



青白がスピリット多いので、それをつっこんで並べたところ、

「スピリットはいっぱいあるが、飛行がほとんどなく決め手がなさすぎる」
「軽量クリーチャーが多いものの、それをサポートするカードはほとんどない」
「3マナだけ大渋滞」

となり、部族は揃っていて綺麗だけどそれだけなデッキになってしまったので、現出やエルドラージシナジーを重視したデッキになりました。昂揚させるパーツも多く、罪からの解放者が裏返ると太刀打ちできないデッキになりました。



緑白はマナ加速から強いカードやクリーチャーを叩きつけるだけの簡単なデッキになっています。残った強いカードをただひたすらに突っ込んだだけの構造です。マナがらみのカードを4枚採用しているので土地16です。




人それぞれ、チームそれぞれの構築になるとは思いますが、これが一つの参考になれば、と思います。

みなさんはどんなデッキになりましたか?

 


マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] カラデシュ、予約開始!

[予約] デュエルデッキ:ニッサvsオブニクシリス
駿河屋:日本語版
駿河屋:英語版