1741f124-s

【第9回 拡張アートのある日常】
【第9回 拡張アート 総仕上げ 「否認」】

いつもお世話になっています。
我らのタイシです。
前回からしばらく時間が経ってしまい、申し訳ありません!
早いもので、第9回となりました。
皆さん、拡張アートしていますか?
もし少しでも興味がありましたら、是非やってみましょう!
意外と簡単に出来ちゃいますよ!!

ちなみに、これまでに紹介させてもらいました記事と、拡張アートについては、こちらを参照下さい!


【総仕上げ、「否認」】

これまで紹介させて頂きました記事を元に、総仕上げとして、こちらのカードを拡張していきましょう。
















「否認」
最古であり最強のカウンターである対抗呪文の調整版として世に誕生した否認。
あまりの良調整のため、未だにスタンダードに君臨し続けるカウンター呪文です。
私も大好きなこのカード、特にタルキール龍紀伝版の否認を拡張していきたいと思います。

ちなみに、以前、否認を拡張アートした際は、この様になりました。














これも当時は出来栄えに満足したのですが、やはり拡張アートは元絵を大事にして描きたいですね!




①拡張アートする部分に紙やすりをかける。















イラストの外の部分を紙やすりで削ります。
絵の具が乗りやすくする為の、剥離目的で紙やすりを行いますので、色が完全に抜けるまでかける必要はありません。

















これくら紙やすりを行えば大丈夫でしょう。

②ジェッソを塗る
下塗り素材として売っています、ジェッソという画材を拡張アートする部分に塗っていきます。
















ほんの僅かな水で溶き、うすーく塗ります。乾かして2回から3回、重ねて塗ります。
















これくらいしっかり塗ってしまいます。

③背景色を塗る。
背景となる色を塗ります。
背景の色と近い色を塗っていきます。






























④細部を描く。
自分のセンスを信じて、背景を描いていきます。
想像力を掻き立てながら、ここにはこんな枝が繋がっているのではないか?ここにはこんな靄が掛かっているのではないか?など、光と影を気にしながら、絵を描き込んでいきます。

⑤完成























完成しました!
神秘的なイラストがより強調されましたね!

今更なのですが、対戦において、インスタントやソーサリーなどの呪文は、多くの時間、自身の手札にあり、眺めてうっとりする時間はたくさんありますが、いざ使ってしまうと、一瞬で墓地に行ってしまうので、アピール度合いは少なく、あまりオススメ致しません!
せっかくなら、パーマネントカードを拡張して、相手に見せつけてやりましょう!


と、自分の記事を「否認」して、終わりたいと思います。

次回は記念すべき第10回目!
私にとって、特別なカードを拡張したいと思います。



マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] カラデシュ、予約開始!

[予約] デュエルデッキ:ニッサvsオブニクシリス
駿河屋:日本語版
駿河屋:英語版