t
アドレナリンどっぱどぱだ!!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1226284116079765"
data-ad-slot="1944833938"
data-ad-format="auto">



#これはカジュアルプレイ・初心者・初級者の方をメインに見据えた記事です。
 中・上級者の方はニヤニヤしながら適宜アドバイス下されば助かります。


新しいエキスパンションのスポイラーを見ていて、カードショップのストレージを漁っていて、wikiで調べ物をしている時に、運命の一枚を見つけて一目惚れした経験が皆さんにはありますか?
純粋に強いカードとは言えず、それでも何か一種異様な輝きを放つような…。今までご紹介してきた《巨弓の大御所》《刈り取りの王》《不幸の呪い》《泡立つ大釜》《戦導者オレリア》《浄火明神》《斧折りの守護者》なんかは、まさにそういった一目惚れしたカード達でした。
「なんとかコイツを使って勝ちたい、でもこんなものどうやって使えばいいんだ!?」という気持ちからスタートするデッキ作りはとても楽しいですが、中々実用的なものが出来ないのもままあることです。ナチュラルに「こんなもの」とか言っちゃってますしね。しかしそんな苦悩を乗り越えて完成させたデッキは愛着もひとしおです。


というわけで、今回の「こんなもの」枠はこちらです。
i1
《滅消の杭》を装備したクリーチャーに殴られたクリーチャーは全殺し、プレイヤーは半殺しの目にあいます。マナコストは3、装備コストも3と重たいですがぜひ使いたい。そして使うからにはその効果を十二分に発揮してもらいたい。いや、120%を超えて200%の力を出してもらいたい!
となれば、この杭を装備するのは彼です。

i2
ダブルストライク!二倍二倍!
素のパワーは1と貧弱ですが、《滅消の杭》を装備してしまえばそんなことは些細な問題です。たとえライフがまったく減っていない相手でも、初撃1点のダメージを与えた後19点の半数切上、つまり10点の追加ロスが発生し、9点となった所へ1点+(8/2=)4点の追撃が加わり相手の残りライフはたった4点。
また、ブロッカーが立っていようと先制の一撃で確実に葬ることが可能です。パワーやタフネスがどうとかは問題ではありません。滅消ですから。

さらに駄目押しの一枚。
i3
ブロッカーは排除できるとはいえ、一刻も早くプレイヤーを殴ることがこのデッキの真髄です。そこでトランプルの出番です。
トランプルを持つクリーチャーがブロックされた場合、そのブロックしたクリーチャーへ致死量のダメージを割り振った後の余剰ダメージがプレイヤーへ到達します。そして、滅消の杭が持つ接死により、(簡単に言うと)どんなクリーチャーでも致死量のダメージは1に固定されます。再生を持とうが破壊不能を持とうが関係ありません。更にパワーへの修正もありますので、ブロッカー2体までを滅消しつつプレイヤーをも2回滅消することが可能となる、まさにうってつけの一枚なのです。


さてデッキを組むにあたり、安くて便利なトランプルを入れるなら緑の方が優先度は高いです。《怨恨》とか。
ですが私は赤を選択しました。理由としては、キーパーツでありこれがなければはじまらない《滅消の杭》をいち早く手にする為の軽量ドロー呪文では赤が勝ること、自前で二段攻撃とトランプルを持つ《予言の炎語り》を有すること、「言うて《怨恨》が強いんじゃないスか」という心無い的確な指摘を避けること、そして何より《アドレナリン作用》の名前と絵柄がめっちゃ好きな為です。そう、実はこのカードにも一目惚れをしていたのです。
好きなもの詰め込んで作るデッキが楽しくない訳ないですね。そりゃもうアドレナリン出っ放しですよ。あとは勝利を目指して調整です、デッキごと滅消したくなる気持ちと戦いながら…!


あなたの「こんなもの」デッキ作りのインスピレーションに繋がれば幸いです。


マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆