リリアナ
コメント返信と+紹介です



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1226284116079765"
data-ad-slot="1944833938"
data-ad-format="auto">


どうもこんにちはニッグです
たくさんのコメントありがとうございました
PPTQ行脚で忙しく返事できずに申し訳ありません
関東では200人オーバーのPPTQが複数あったりして、GP東京へのボルテージはかなり上がっていますね
まずは以下に返信からさせていただきます

Q 結構面白いと思います。反射魔道士に強いとありますが、理由はなぜでしょう?

A 生物がCIP持ちなのと対応できる除去が入ってるためテンポロスを取り返せるようなデザインになっているからです。勿論インスタントででてくる反射には対処がなかなか大変ですがゴブリンと精神壊しのフィニッシャーは反射が入ってるデッキの生物よりそうじて強いのでゲームを決めきれると思っています

Q ジャンドって感じがして好きなデッキです!よろしければ、各カードの枚数の意味を教えていただきたいです。特にアーリン1枚の理由がよくわからなくて……

A 個人的にアーリンは盤面がサラになっている状態で出すのが一番強いPWだと思っているのでこのデッキだとメインで重ね引きたくないためです、あとリストがすこし勘違いしていて最低3枚のPWを採用したくて(昂揚のため)マナカーブとの兼ね合いで採用しています
サイドに2枚とかとったりしてもいいですし、アーリンを生かすなら別の方向性もいいと思います

Q フライデーで当たりそうなデッキリストだなぁ。デッキの方向性を全方向に伸ばそうとして歪なリストになってる感がある…。除去を散らすのはリスクマネジメントだけど、生物やPWの1~2枚挿しは気になる。これが反射対策なんだろうけど。

A 代言者の部分が気に入らないと思うのですが、これは採用している生物がすべて役割が違うのでちらしてあること
そのため占術もある骨読みで状況に合わせてサーチしたいこと
コラコマデンプロの回収を元々計算にいれていること
2ターン目の代言者のために土地の置き方を無理したくないこと
ですね、基本的には6枚そろってから、土地も無理なければ序盤の攻防にといった感じで採用しています

Q緑いれるなら秋の憂鬱超おすすめ方向性変わってくるけど偏執的な皮剥ぎ人と合わせて使うとそれだけで試合決まるレベルで強いよ

A それだと緑白とかで平和主義者とかいれてごりごり殴るデッキ強そうですね、昂揚とはずれてしまうけど
昂揚が本当にむずかしいでねー

Q骨読み(苦い真理では)いかんのか?

A もちろんゴブリンもありますが、このデッキでは占術に重きを置いているので3枚採用しています
私も骨読みは好きではないので苦い真理つかうならもっと違った形になると思います

Q自分はこれにカリタスメインにして使ってる。一枚積みのアーリンはカエルに表の+とか裏の+で突破力上げれたりするから結構やるやつ。アタルカよりチャンドラのほうがゲーム決めれそうなとこあるかなーって思った

A メタ的にもメインカリタスだと闇の掌握もうてるマナベースを取るのでカリタスハメ的なゲームありますよね
カリタスメインだとチャンドラのが相性いいんですが、アタルカは盤面に干渉できるので不利な盤面を覆せることと決定力ですね、どっちも似ていますがよりデッキにあっているほうを選択するといいと思います

Q 俺も秋の憂鬱おすすめ。さすがに4積みとはいかないが、結構良い動きする。

A GP終わったらぜひ試してみたいと思います、ゆうてこのスタン環境はじまったばっかですからね

Q 秋の憂鬱入りのジャンドプレインズウォーカー使ってますけど、憂鬱糞強いですよ。高揚達成時、呪禁トランプルの4/4ですからね。

A Joven河内さんコメントありがとうございます、競技レベルで一切見かけなかったため失念していました。この環境あまりリミテッドもやってなかったので、そこまで言われるとグリフの加護とか聖トラフトつけたくなりますね笑

Q 秋の憂鬱はクソ強いよね。クリーチャー単体除去では実質除去できるタイミングが存在しない。自分で墓地肥しもできるナイスな奴だよ。

A 墓地肥やしにおまけがあるだけで十分なのに生物としてつよいとはいいですよね、環境にエディクト系の除去が少ないのも追い風

Q土地の枚数減らして横断増やしていいと思います。序盤はマナの安定に使えて、終盤1マナで好きなクリーチャーをサーチできるのこの手のデッキではかなり強いです。

A もちろんおっしゃる通りで横断を使うとこのデッキとはかなり方向性ちがうかなと、横断つかって結果残した3色はレシピすでにありますからねぇ。これは序盤の黒マナ要求が厳しいのでなるべく森を置きたくないというデッキ事情もあります

Q 今の環境って呪禁がかなり強いよね

A エディクト系の除去少ないですもんね(2回目)

Q あれ?ワームとウーズは?あれ?

A あれらは反射魔道士がいる間は活躍できないと思います(涙目

Q ギトラグ+秋の憂鬱のギャンブル感最高にハアハアできるのでオススメだぞ!

A ハンドがあふれちゃいますね笑

Qどうでもいいけど、フォントとかリストの書き方とか推敲の足りなさとか、いつもあまりにも読みにくいんだが何とかなんないのか

何回も言われてるのにね。

A 申し訳ありません、いろいろ試している段階ですので。せっかく読んでいただいたのに気を悪くしてしまって申し訳ありません

Q全体的に、まとまりが無いような気がしますね。
2枚以下のカードが多すぎて、常に有効牌を引くこと前提の、アニメの主人公が使うようなデッキになってしまっています。せめて、上でも話に出ていたように、ウルヴェンワルド横断などのサーチカードを多めに積んで、必要なカードを持ってこられるようにする工夫をするべきではないでしょうか? シルバーバレット風にするなら、衰滅が一枚も積まれていないのも気になります。赤ダブルシンボル・6マナまで出ることを想定しているのに炎呼びが入ってないですし。昂揚という割に昂揚カードあんまり入ってませんし、蟻走感をどんな相手にサイドインするかも謎です。一度、コンセプトから見直すことをお勧め致します。

A 昂揚というより墓地利用デッキでしたね、紛らわしくて申し訳ありません。それはおっしゃる通りでなので占術付の骨読みを3枚採用していますし、序盤は基本除去があればいいので
衰滅は1枚いれたいけど枠が・・・って感じですね、ひな形ですし調整するならこんなゴールを目指してスタートはこんなところからといったサンプルを紹介しただけですので
チャンドラはリストの間違いですね、申し訳ありませんPWは三枚は採用したいのでプライスをチャンドラですかね
蟻走感はロングゲームを目指すあいて、地上戦を仕掛けてくる相手にサイドインしようとしています
前者はギトラグのドローエンジン加速、後者は序盤のブロッカーで除去のあてさきをごまかす感じでしょうか


昂揚となるといろいろなギミックがあって、非常にデッキがむずかしくなります
特にサイドしたら昂揚達成が難しくなるといったこともままあります
なのでできるだけ昂揚に貢献するカードを散らしたいというのが私の昂揚デッキ作成時の最初のポイントです
勿論運要素もかなり高いデッキですが、精神壊しと闇住まいのパッケージはかなり可能性をかんじるのでそこを 生かせないかと思い、ひな形を作成させていただきました。
デッキには正解がないと思っています
自分のアイデアが正しいことの証明のためにFNMやGPTやGPなどの勝ちを目指してみるのはいかがでしょうか

拙い文章読んでいただきありがとうございました


マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] 異界月、予約開始!