リリアナ
環境考察や個別カード評価

どうもこんにちはニッグです
PTは実に8種類のデッキがTOP8に残りインパクトが大きかったでしたね
今回は環境考察や個別のカードについての印象についていろいろ書いていきたいと思います

<ドロモカの命令>
d404276e

バント中隊では3~4枚の必須パーツですが、ミラーが増えたためメインの枚数を減らして否認や払拭をいれるといったアプローチがでてきましたが
個人的にはバント中隊のデッキパワーを支えているカードだと思っているのでそこらへんの調整は難しいですよね。
まず相手にしたときの一番の面倒なところはコンバットの複雑さ。
これが一番だと思います、バント側が複数の選択肢を持てるため相手にしたときはどのようにコンバットすべきなのか頭を悩ませます。
また環境に<龍詞の咆哮>などが増えてきたため、火力軽減や+1カウンターなどで生物を守る事ができますし
相手への干渉手段が減ってしまうので、枚数を減らすのは個人的にはデメリットのほうが高いかなと思います。
また緑白やアブザンカラーでも、メインに積むことで環境のエンチャントに対策できるのが非常に使い勝手がいいですね。
環境的に白が強いのでエンチャントによる除去が多くなっているので、それへの対抗策がナチュラルにできること
<進化の飛躍>など緑がサイドボードに積んでくるエンチャントにも対策できるのは非常に高いです。
環境に様々なエンチャントが増えてきているので、サイドボード含めエンチャントにさわれるかをデッキデザインの段階で気を付けたいですね。


< 巨森の予見者、ニッサ
jp_mMsHWcl36ujp_lFs3zjinY7
個人的には発売日から注目してきたカードですが、環境の3マナの動きとして許容されるようになったこと
環境のデザインが3マナと4マナ域以降で明らかなカードパワーの違いがあること
後半でもSOIランドをアンタップインできること
不屈の追跡者>などの土地を置くこと自体が能力のトリガーになること
などメリットがかなり増えた印象です。
カンパニーからもってこれるPWとしてはもちろんですが、緑軸の3色デッキではデッキの安定性を支え、後半はドローソースとしてカウントできるので非常に優秀です
環境的にカードアドバンテージがつけにくいので+能力を積極的につかっていきたいですね
もうすぐスタン落ちでもありますが持ってない方はそろえておいてもいいかもしれません

ジェイスの誓い
じぇいすの誓い

草の根でも<末永く>を用いたリアニメイトで結果を残していますね
釣る対象として、<龍王コラガン><終止符のスフィンクス><龍王アタルカ>
などがあげられます
アタルカに関してはバント中隊などの盤面に干渉しつつ、自身が勝ちに行けるカードとしてリアニ以外でも用注目のカードです。
今後ジャンドカラーなどでデッキを構築する際は、常にアタルカを採用できるかを念頭に構築するといいと思います。
筆者が切望している青黒昂揚ではあまり研究されていませんが笑
スルタイミッドレンジなどでも5マナジェイスとの相性の良さから採用を検討できるレベルだと思っています

・まとめ
環境雑感として
人間デッキ(白単が筆頭候補)
ゴーグルデッキ(赤緑ランプが筆頭候補)
バント中隊
エスパードラゴン
その他の3色デッキ

といった構図でしょうか
2色のデッキは安定性の代わりにカードパワーを犠牲にしているので、カードパワーを満載にした3色デッキには厳しいかなというのが今週の草の根の結果でしたが、PTでは見事に結果を残していましたね
アブザン、ジャンド、マルドゥなどのミッドレンジが今後成績を残していくとは思いますが、
環境的にエスパーコンやグリクシスコンなどがやっと本領を発揮できるくらいメタゲームが成熟してきつつあるかなとは思います
長いゲームプランを取るコントロールで迅速に勝ちに行けるチャンドラ要するグリクシスか、すべてをさばききるスパーコンなのかも今後の見所です
最後にチャネル謹製の緑黒クラッツですが、もしFNMなどで使おうとしてる人はかなりひとり回ししたほうがいいと思います
この条件で勝てるという判断を瞬時に判断することが求められるからです
あとメインでは相手への干渉手段が少ないので他のデッキをメタるついでにメタられて簡単に負け得ることがあるのでそこは割り切って使いましょう

以前ご意見があったサイドボードプランなどはサンプルデッキがないと解説がむずかしいと感じたので
そこらへんのリクエストやデッキ診断してほしいなどの意見もあったのでコメントしていただければいろいろ対応していきたいと思います。

拙い文章ですがお読みいただきありがとうございました。

マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] イニストラードを覆う影、発売中!