1741f124-s
拡張アート描きませんか?



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1226284116079765"
data-ad-slot="1944833938"
data-ad-format="auto">



お世話になっております。我らのタイシです。

みなさん、拡張アートしてますか?

拡張アートのある暮らし、いいですよねぇ!

あなたも早速、描いてみませんか?
思ってるより、簡単に出来ちゃうんですよ!

第2回の今回は、
拡張アートに必要な道具を紹介します!

ac99041d-54f6-4e67-96d7-707386e6989a9320de28-ff7a-4962-ae62-1ff449ac35c0荒地



拡張アート(Altered Art)とは、カードの枠部分など絵以外の部分に、絵に現れていない部分を描き加えること。または、そのような加工が施されたカードのこと。 

拡張アートをはじめとする芸術的な修正を加えたカードは認定大会で使用できるが、その修正がカードのイラストを識別でき なくしていたり、戦略上意味のある情報を含んでいたり、問題のあるイラストを含んでいたりしてはならない。また、芸術的修正によってマナ・コストやカード 名が隠れたり変わったりしていてはならない。 
拡張アートを使用できるかどうかの判断の最終決定権限者はヘッド・ジャッジである。 
mtg-wikiより抜粋
【第2回 拡張アートの道具について】

拡張アートを描くには何が必要か!
そうですね、道具です!
道具が無ければ、拡張アートは出来ません(真理)
いったいどんな道具が必要で、何処で買って、いくらするのか?
1つ1つ説明します!

まず、必須の道具です!

①筆

筆

これがなければ描けません!
筆は3種類くらいは用意しましょう。

平たい筆、
細い筆、
極細の筆が基本の3本です。

平たい筆は、広い面を一度に塗ることが出来ます。背景を塗るのにも最適です。
細い筆、極細の筆はそれぞれ細い描写や強弱をつけて描くのに必要となります。

それぞれ、エナメルの筆が良いかと思います。筆には動物毛の筆もあります。エナメル筆がなければ、動物筆でも良いのですが、毛羽立ちや、毛抜けがみられ、拡張アートの細い表現には不向きな場面が多いです。
また、
管理によっては腐りやすく、エナメルの筆の方が優れてると言えます。
筆には沢山の種類がありますが、迷ったら1番細いエナメルの筆、その2段階上のサイズの筆、真ん中の筆の2倍くらいの太さの平たい筆が目安のサイズかと思います。

物にもよりますが、一本あたり300円前後で購入出来ます。(総額900円)

②絵の具

絵具


次に絵の具を用意します。
絵の具は『アクリルガッシュ』という種類の絵の具がおすすめです。

アクリルガッシュ絵の具は、
乾くとマットな質感になり、元のカードにも違和感なく馴染みやすく、乾くと耐水性になります。また、重ね塗りもしやすいため、お勧めです。

絵の具の色なのですが、白、黒、赤、青、
黄色があれば基本的に何でも描くことが出来ます。
〇〇
イエローとか、〇〇レッドとか、よく分からない名称も多いのですが、そこはフィーリングで構いません!この赤が好きーとか、基本の色から大きく逸れなければ大丈夫です!
一本あたり350円前後で購入出来ます。(ここまでの総額2650円)

③パレット

パレット


絵の具を出したり、色を混ぜたりするのに必要です。
どんなパレットでも構いません!
100均で売ってるものでも十分です!
私はこんな陶器製の物を使用していますが、自分が使いやすい物でいいと思います。
(ここまでの総額2750円)

④筆置き、筆洗い

筆洗い


筆洗い用の容器が必要です!
100均にも沢山売っていますが、筆を洗うだけですので、私は飲み終わったペットボトルを切り取って半分にして使っています!(画像のもの、使用感半端なくてごめんなさい…)

筆洗い


縁をこの様に切り取るだけで、筆を置いておく場所に大変異します!

(ここまでの総額2750円)

⑤消しゴム

消しゴム


地味な道具ですが、実はマストアイテムです!家にあるもので大丈夫です!
(ここまでの総額2850円)

以上が必需品となります!
こちらは必ず必要となりますので、用意をお願いします!
絵の具と筆は大きな文房具屋さん(私は世〇堂さんで購入しました)や、大手デパートの文房具コーナー辺りで見つけることが出来ます!その他のものは100円均でも購入可能です。
アクリルガッシュ絵具は一応、
100均でも売ってるのを確認し、使用してみたのですが、質が悪い!
少し割高ですが、
絵の具はこだわった方がいい絵が出来ます!


以下は必需品とまでは行きませんが、あったら便利な道具を紹介します!


⑥マスキングテープ

マスキング


拡張部分とそれ以外の境をつけたり、カードを固定するのに使用します。100均で売ってるものでも大丈夫ですが、出来れば文房具屋さんで売っている、絵画用のマスキングテープのほうが良いかと思います。
色は薄い色の方が、下地のカードが透けて、拡張しやすいです。今回の拡張アートでは、使用します。ひとつ150円程です。(ここまでの総額3000円)

⑦スポイト

スポイト


絵の修正や、水を絵の具に足す時に使います。価格は50円くらいでしょうか?
あんまり売っているところを見かけませんでした。
私はネットで購入しましたが、100本単位でしか購入出来ませんでした笑
それでも250円ほどでしたが。(ここまでの総額3050円)
おそらく、教材屋さんなどでも購入できます。

⑧デザインカッター

カッター


マスキングテープで保護した部分をカットするために必要です。
今回の拡張アート講座では使用します。
安いもので600円くらいです。普通のカッターを使用しても問題ありませんが、細かい作業になりますのでデザインカッターをお勧めします!文房具屋さんや、大手デパートなどで購入できます。
(ここまでの総額3650円)

⑨グレーの絵の具

グレー

グレーの絵の具はあるととても便利です!
何を隠そう、
mtgのカードの絵は、グレーがとても多様されているのです!
毎回安定したグレーを作るのも大変ですし、あるととても便利でおすすめです!
350円ほどです。(ここまでの総額4000円)



紹介終了です!

ここまで読んでいただきありがとうございます!

拡張アートを始めるためには3000円ほど、
あったら便利グッズを入れても4000円ほどで始められます。
初期投資は少し掛かりますが、このセットで毎週アートをしても、1年位は持ちますので、一度揃えてしまうといいと思います!


次回、拡張アート講座第3回、準備編!

え?まだ描けないの?
ごめんなさい、まだ描きません。
準備があってこそのアートですので、もう少しお付き合い下さい!


マジック・ザ・ギャザリング
☆ ★ 通販商品リンク ★ ☆
[NEW] イニストラードを覆う影、発売中!
[予約] エターナルマスターズ
amazon:ブースターBOX[日]
[販売中] デュエルデッキ:正しき者vs堕ちし者
駿河屋:日本語版
駿河屋:英語版
[販売中] 統率者2015 全5種セット
駿河屋:日本語版
駿河屋:英語版