2saviors-logo
マジックには様々な能力があり、ブロックの特徴ともなるメカニズムもたくさん登場しています。
そんな能力や過去の様々なメカニズムを紹介していきたいと思います。

今回は【歴伝】を紹介していきたいと思います。

歴伝とは神河救済で登場したキーワード能力で、
2つの呪文能力からなり、一方は遅延誘発型能力を生成するものです。

具体的には↓

歴伝は以下の2つの能力からなる。


・残りのゲームの間、あなたは呪文を唱えられない。(呪文能力)
・あなたの各アップキープの開始時に、この呪文を歴伝能力を除いてコピーする。その呪文が対象をとる場合、あなたはその呪文の新しい対象を選んでもよい。(呪文能力による遅延誘発型能力)
mtg wikiより引用

つまり、これをプレイすると、他の呪文がプレイできず、延々と効果を発揮し続けるソーサリーである。

実際のカードはこちら。


不朽の理想  (5)(白)(白)
ソーサリー SOK, レア

あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)


神河救済で歴伝サイクルとして登場したこのカード。
1色につき1枚あり、計5枚存在する。

歴伝を持つカードはこの5枚のみです。
他の歴伝カードも紹介します。


2
永遠の統制  (7)(青)(青)(青)
ソーサリー SOK, レア

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーから、アーティファクト・カードかクリーチャー・カードかエンチャント・カードか土地カードを1枚探す。そのカードをあなたのコントロール下で戦場に出す。その後そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。

歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)



無限の苦悩  (4)(黒)(黒)
ソーサリー SOK, レア

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーからカードをX枚探し、それらを追放する。Xはあなたの手札のカードの枚数である。そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。

歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)



不死の炎  (4)(赤)(赤)
ソーサリー SOK, レア

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。あなたのライブラリーの一番上のカードを、土地でないカードが追放されるまで追放する。不死の炎は、それにそのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。

歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)



5
終わりなき大群  (5)(緑)(緑)(緑)
ソーサリー SOK, レア

あなたの手札にあるカード1枚につき、緑の1/1の蛇(Snake)クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)

 
どの歴伝もワイルド極まりないですね!